オカギャル岡崎にあらわる
オカギャル at インフォメーション
1st_okzgal.jpg  オカギャルとは何か。
 11月4日。それが初めて紹介されたのは、おそらく、オカザえもんのツイッターと、フェイスブック・ページの記事においてである。文字が書かれたマスクをして擬似「オカザえもん」と化し、岡崎のまちなか、あるいはインフォメーションに現われたのであった。
 オカザえもんは、当初「岡ギャル」と表記していたが、本人が自分の名前ですら「名前の表記は別に気にしてないでござるよ!!」とツイットしているように、ときとして変化し、最近では「オカギャル」と記すことで安定しているようだ。
 また、性別はともかくも、年齢その他のものは要件として必要とされていないようでもある。つまり、「オカギャル」が拡大・蔓延するのにそれを制限するものは何もないということになる。
 それはともかく、11月27日。
 突然、インフォメーションを訪れた3人のオカギャル。
 以下の写真は彼女たちに随行し、その「岡崎アート&ジャズ」体験をレポートしたものである。
 (写真はクリックで拡大表示します)
三人虹 虹とカタログ
天気がいいので、まずは岡崎シビコの屋上へ向かい木村崇人作品「光のとびら」を鑑賞。見ている本人たちにも虹が。
屋上バンザイ 屋上おえかき
その開放的な屋上でバンザイ。淺井裕介作品「頭の上、足の下」でお絵かきすることも忘れません。
道に迷う 出てきてオカザえもんポーズ
岡崎シビコ6階のD.D.作品「半熟卵の構造」で少し迷子になりました。
5階建てを抜けた時もオカザえもんポーズは忘れません。
裏から平川 ふるかはさんは絵がうまい
平川祐樹作品「Vessel of Time 、 River Bed」をゆっくりと鑑賞し
ふるかはひでたか作品「岡崎散歩『二十七曲りへの旅』」でその絵の巧さに見入ります。
松永久彦作品「記憶の跡S」前で オカギャルの行進
岡崎シビコ1階で松永久彦作品「記憶の跡S」を見たあとは
岡崎のまちなかを闊歩して松本町へ向かいました。
松本町アーケードにて。
アーケードの松永久彦作品「記憶の跡N」の前で記念撮影。
リブラにて
岡崎市図書館交流プラザの松永久彦作品「Planter Trio」は楽器でした。
東隅櫓にて
もちろん、東隅櫓の平田五郎作品「Mind Space」の中にも入りました。
おでん おりがみも
甘味やおでんを食べるときはさすがにマスクをはずします。
インフォメーションに戻ってオカザえもん折り紙も折りました。

 時間の都合で、すべての作品を見ることはできなかったようですが、それでも多くの作品を鑑賞・体感し、オカギャルたちは満足して帰路についたのでした。時間にして3時間程度。もちろん、旧本多邸まで回ることはできませんでしたが、それでも「岡崎アート&ジャズ2012」の中心部をほぼすべて鑑賞したことになります。
 会期は次の土日までです。
 
 
実は、彼女たちは「アートラボあいち」のスタッフだったのですが、オカギャルに扮していたのでよくわかりませんでした(ということにしておいてください)。
21:06 | - | - | アート情報
| 1/43pages | >>
<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>