オカザえもんの友達をつくろう!
オカザえもん in 二七市
インフォメーションにて
沈思黙考オカザえもん
岡崎シビコでオカザえもん
OKaZaemon will be Waiting for YOU !

 今週の金曜日は祝日(勤労感謝の日)です。
 お待たせしました。またやってきます。使徒襲来。
 
 子ども創作コーナー
 オカザえもんの友達をつくろう!
 30分ほどの所要時間で、楽しい工作を体験できます。
 参加無料・事前申込み不要・先着100名
 日時/11月23日(金・祝)13:30〜
 場所/岡崎シビコ6階

 先日17日の「オカザえもん in 二七市」は、雨天にもかかわらず多くの方に来ていただき、一日露店の商品は瞬く間に完売となりました。オカザえもんともども、ご来店いただいた皆様には深く感謝いたしております。
 もちろん、インフォメーションに展示しているのは「作品」ですから、なにもかにもぜーんぶ売り払ってしまった――などということはありません。いつインフォメーションに来ていただいても、オカザえもんグッズはちゃあんとあります。ご安心を。
 
 さて、ネット上では、すでに多くの方々がオカザえもんグッズやその意匠を用いた様々なものを「自作」されているのを見かけます。人形やすでにおなじみの折り紙はもちろんのこと、「オカザえもんカレー」や「オカザえもんケーキ」まで、およそ考えられうるありとあらゆるものが「オカザえもん化」してしまいそうな勢いです。
 このイキオイのまま「こんどはグッズを作っていただこう」というのが、この金曜日に行われる「子ども創作コーナー」です。
 当然のことですが、オカザえもんは斉と公平太さんの作品ですから、みなさんに作っていただくのは、その「お友達」ということになります。で、「オカザえもんの友達をつくろう!」というわけです。キーホルダーやバッジとなった「オカザえもんの友達」をあなたも作ってみませんか。
 
 タイトルを見ると「子ども創作コーナー」とありますから、年齢制限があるんじゃないかとお考えの向きもいらっしゃるかもしれませんが、今回は特別に年齢制限を撤廃いたしました。
 小さなおともだちも、大きなおともだちも、こぞってご参加くださるようお願い申しあげます。

 しかしながら、なにぶん数に限りはあるものです。先着100名分しか材料がありません。101番めにいらした方にはたいへん残念ですが、その際はご容赦ください。


 申し遅れましたが、
 当然のように、
 スニーカーをはいた、あの動く「オカザえもん」も会場に登場いたします。
 これは、予定ではなく、「確定」です(余程のことがない限り)
 

23:28 | - | - | アート情報
<< | 3/43pages | >>
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>