アートウォーク
街歩きアートウォーク
 街歩きアートウォーク
 ヒネマガリ三立方(ふるかはひでたか+武藤隆)&松永久彦
 11月24日(土)14:00。岡崎シビコ6階には予定をはるかに超える多くの人が集合しました。
 その内容については、参加者が体験できたものがなによりも全てです。詳細な写真レポートをしても、その知的経験の何分の一もお伝えすることはできない――と判断し、戯れに写真キャプションを「ヘンなもの」にしてみました。
 以下の写真自体は、すべてほぼ無加工の「事実」ですが、キャプションは言うまでもなく全くの虚構です。
 (写真はクリックで拡大表示します)

散策路の打ち合わせ
「このままではたいへんなことになる」
事前打ち合わせは難航した。

岡崎シビコ6階集合
しかし、そういいつつも
暗黒の罠を仕掛けていた彼らであった。

岡崎シビコ北の旧東海道
この曲がりくねった道。
地図を見ても無駄だ。

松永久彦作品「スリップストリーム」(旧小川写真館)前にて
見給え。
この街のものものはみな流線型に歪むのだ。

松永久彦作品「記憶の跡N」(松本町)前で
彼らを待つ古きアーケード内には
漆黒の自転車と
その影に囚われた過去の幻像。

武藤隆。松本町アーケード前にて。
アーケードに踏み入れた者たちの
運命はすでに決した。

ヒネマガリ三立方(ふるかはひでたか+武藤隆)
参加者たちに訪れる運命を思い
彼らは笑むのであった。

ふるかはひでたか。材木町にて。
たとえ、この古き屋敷のようであろうとも。

武藤隆。岡崎シビコ裏にて。
すべては、この瓦礫のごとく化していくのだ。

加納石材店前にて。
見よ、そして訪れよ。
この石材店へ。

松永久彦作品「記憶の跡W」(加納石材店) 前で。
生けるものも石化し、
その記憶も影となるのだ。

まちバス「籠田公園」バス停
籠田公園バス停から
旧本多邸へ向かうバスに乗る機会は
きみたちにはもうないのだから。


ふるかはひでたか
 ふるかは
武藤隆
 武藤
松永久彦
 松永

00:09 | - | - | アート情報
<< オカザえもんの友達をつくろう! | main | オカギャル岡崎にあらわる >>
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>